« アローン・アローン・アンド・アローン | トップページ | 元気のいい ふきのとう »

硝子の階段

今 住宅のリニューアルの設計の案を作っています。
施主さんの要望は限りなく収納がほしい。
そして思い出を残したい。

いろいろ考えている。
その中で引き出しのある階段。
いや 階段全部が引き出しにしようか。

そして 思い出をちりばめる。
引き出しを透明にしようか。

硝子の階段でいいかな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


阿木耀子さんのつくったいい詩がありますね

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
古いアルバムの中に
隠れて想い出がいっぱい
無邪気な笑顔の下の
日付けは遥かなメモリー
            
時は無限のつながりで
終りを思いもしないね
手に届く宇宙は 限りなく澄んで
君を包んでいた
        
大人の階段昇る
君はまだシンデレラさ
幸福は誰かがきっと
運んでくれると信じてるね

少女だったといつの日か
想う時がくるのさ
    
キラリ木洩れ陽のような
眩しい想い出がいっぱい
一人だけ横向く 記念写真だね
恋を夢見る頃
         
硝子の階段降りる
硝子の靴シンデレラさ
踊り場で足を止めて
時計の音気にしている

提案してみよう。
硝子の階段。引き出し付きの・・・・・。
3 Photo 2

|

« アローン・アローン・アンド・アローン | トップページ | 元気のいい ふきのとう »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硝子の階段:

« アローン・アローン・アンド・アローン | トップページ | 元気のいい ふきのとう »