« 光の春 | トップページ | 切り藁入りの土壁 »

続・写真家 丹地敏明

6 3月9日に書いた 写真家丹地敏明 の 続き。

私の好きな写真家 丹地敏明。
有名写真家という方にもいろいろな個性があって、生き方も面白いものですね。
このおやじ いい生き方しているな。
TV番組で河津・湯河原を撮る 放映があった。

写真家が撮っている姿を追ってTVカメラマンがねらう。その画像をデジカメを持ったへんな男(自称 さっちもさん)が撮っている光景です。変だね。

でも このおやじ なんでも 撮るんだな。
昼食も夕食も旅館では「なかいさん」まで撮っている。

風呂場でもデジカメで取っている。

気難しい芸術家ではない。品のいいおやじ。
でもおの おやじ なかなか 気さくです。
外人の観光客にも気軽に英語で話しかける。
なかなかの社交派でもある。

いいな。こういう生き方。

1 2 3 4 5 7 8 9 10 11 12

|

« 光の春 | トップページ | 切り藁入りの土壁 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235113/33868144

この記事へのトラックバック一覧です: 続・写真家 丹地敏明:

« 光の春 | トップページ | 切り藁入りの土壁 »