« ちょっとだけ森のお話し-南陽市吉野公園大森林祭 | トップページ | 山里の花だより-アケビ-南陽市赤湯 »

山里の花だより-タムシバ-南陽市赤湯

タムシバが咲き始めました。
私が住んでいる裏山。
山形県南陽市赤湯フルーツラインです。

とても清潔感のあるきれいな花です。
もくれん・こぶしとはまた違った素朴な味わいがあります。

以下 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

タムシバ
科 : モクレン科 Magnoliaceae
属 : モクレン属 Magnolia
種 : タムシバ M. salicifolia

学名
Magnolia salicifolia Maxim.
和名
タムシバ
英名
willow-leafed magnolia
anise magnolia
タムシバ(田虫葉、学名:Magnolia salicifolia)はモクレン科モクレン属の落葉小高木。別名を「ニオイコブシ」といい、花には芳香がある。早春に白い6弁花を葉に先立って咲かせる。

他に「カムシバ」という別名もある。こちらは「噛む柴」で、葉を噛むとキシリトールのような甘味がするためにこの名前がついた。これが転じて「タムシバ」となったといわれる。

特徴 [編集]
花はコブシによく似ているが、コブシが花の下に葉が一枚ついているのに対し、タムシバは花の下に葉がないので見分けは容易である。

葉はコブシの葉が広倒卵形なのに対し、タムシバは広披針形または長楕円形で、タムシバの方が細長い。葉裏もタムシバの葉裏は白味を帯びている(コブシは緑色)。またタムシバの葉は噛むと独特の甘味がある。

果実は袋果が集まった集合果で、タムシバの果実はコブシに比べるとやや小型で、形も捻じ曲がらない。

用途
庭木
コブシと同じように、その蕾が『辛夷』として漢方薬に利用される。

1002141 1002142 1002143 1002144

|

« ちょっとだけ森のお話し-南陽市吉野公園大森林祭 | トップページ | 山里の花だより-アケビ-南陽市赤湯 »

花暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山里の花だより-タムシバ-南陽市赤湯:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/03 09:21) [ケノーベル エージェント]
南陽市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 09時21分

« ちょっとだけ森のお話し-南陽市吉野公園大森林祭 | トップページ | 山里の花だより-アケビ-南陽市赤湯 »