« 歩くのが楽しい街づくり-御殿堰-山形市七日町 | トップページ | 現場報告-きなりCafe-基礎工事 »

心に残る名建築-梅月堂-山形市七日町

0 1_7 20a

山形市にもよき時代の名建築がいくつかあります。

今日は七日町の
梅月堂を紹介します。
建築家山口文象の名作なのであります。

緑がだんだん美しくなってきた山形市。
七日町の一角に忘れそうになっている名建築があるのです。


以下
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

山口 文象(やまぐちぶんぞう、男性、1902年1月10日 - 1978年5月19日)

1930年代から60年代にかけて活躍した、近代日本建築運動のリーダーのひとりであり、モダニズム建築デザインと同時に和風建築の名手であった建築家。


経歴 [編集]
東京・浅草生れ。祖父は宮大工、父は清水組(現・清水建設)の大工棟梁。1915年、親の反対に遭い府立一中(現東京都立日比谷高等学校)入学翌日に退学を余儀なくされ、東京工業学校附属職工徒弟学校木工科大工分科入学(現 東工大附属科技高校)。同期には横河工務所に入り、構造技術者として活躍し、山口の代表作である日本歯科医学専門学校付属医院の構造設計も担当した田中正蔵がいる。1918年、東京工業高等学校附属職工徒弟学校を卒業し、父の仕事を継ぐべく清水組に入社、名古屋の工場や銀行の工事現場に配属された。しかし建築家に憧れ、1920年に退社して東京に戻り、逓信省営繕課の製図工になる。

ここで山田守、岩元禄たちと出会い才能を認められ、1923年、近代建築運動グループ・分離派建築会の一員となり、建築家への道を歩みだす。関東大震災直後の1923年10月、製図工仲間たちとともに創宇社建築会を結成して新たな建築運動を展開し、近代建築運動に大きな影響を与える。

1924年、関東大震災からの復興のために内務省に設けた帝都復興院を改組した帝都復興局橋梁課の嘱託技師となり、主に震災復興の橋梁デザインに関わった(清洲橋、数寄屋橋、浜離宮南門橋など)。更に日本電力の嘱託技師も兼務し、富山県の庄川や黒部川のダムや発電所の建築や土木デザインに関わった(黒部川第二発電所、目黒橋、小屋平ダムなど)。

竹中工務店、石本喜久治建築事務所を経て、1930年12月、シベリア経由で渡欧。その目的は、日本電力が建設していた黒部川第2発電所関係のダムに関する水理技術調査であった。当時バウハウスを辞してベルリンにいた建築家ワルター・グロピウスのアトリエで働きつつ、ダム関係の調査、ベルリン在住の左翼系日本人たちと交流した。

1932年に帰国して山口蚊象建築設計事務所を主宰。日本歯科医学専門学校付属医院を設計し(1934年竣工)、最先端のモダニズム建築として一躍注目され、1938年、黒部第2発電所関連の作品を発表して建築家として確固たる地位を築いた。番町集合住宅や小林邸、山田智三郎邸、西竹男邸などのモダニズム建築を発表した。 その一方で、大工棟梁の息子として和風建築にも造詣が深く、鎌倉浄智寺・関口邸茶席、画家・前田青邨邸、小説家・林芙美子邸、自邸など木造の本格的和風住宅にも多くの秀作があるが、これらは積極的には公表しなかった。 戦中は各地の軍需工場に動員された工員たちの木造宿舎群を、ドイツで学んだジードルングになぞらえて数多く設計した。

戦争による逼塞の後、1949年に猪熊弦一郎と企画して、美術団体の新制作協会に谷口吉郎、前川国男、丹下健三等とともに建築部を設立し、戦後の活動に踏み出した。1951年、三輪正弘、植田一豊とRIAグループと称して集団建築設計方法の模索ののち、1953年に協同設計組織として「RIA建築綜合研究所」を設立し、戦後のモダン住宅設計をリードし、劇団・新制作座文化センター、朝鮮大学校校舎、神奈川大学などの禁欲的なデザインで注目を集めた。RIAは現在は「(株)アール・アイ・エー」と改称して、総合的な建築設計と都市計画コンサルタント組織となっている。
2_3 3_2 1_6

|

« 歩くのが楽しい街づくり-御殿堰-山形市七日町 | トップページ | 現場報告-きなりCafe-基礎工事 »

伝統のデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る名建築-梅月堂-山形市七日町:

« 歩くのが楽しい街づくり-御殿堰-山形市七日町 | トップページ | 現場報告-きなりCafe-基礎工事 »