« 山里の花だより-みやこぐさ-南陽市十分一山 | トップページ | Care放浪記-クレストンカフェのルピナス »

山里の花だより-とちの木の花-南陽市吉野地区

南陽市の花回廊-吉野地区を通過しています。
とちのきの花を発見。

普通 とちのきはどれだ・・・・・・っていわれてもわからないけど。
今の季節はわかります。
この花のつき方は独特の形ですから・・・・・・・・・・・

以下 花図鑑より



とちのき (栃の木) Aesculus turbinata
【とちのき科とちのき属】 分布地は沖縄を除く本州中部以南
5~6月頃に咲く  手を広げたような7~8枚の大型の楕円の葉
大木になり実が取れるので各地に大木あり
川沿いなど湿気のある日当たりの良い所に生える
30mになる落葉高木 栃もちを作る材料
栗に似た丸い実で水にさらさないと食べられない
栄養状態が良いと3ケ入っているが普通は1ケ  9月に落ちる
花をよく見ると赤色もありマロニエ(街路樹)に似ている1_2

|

« 山里の花だより-みやこぐさ-南陽市十分一山 | トップページ | Care放浪記-クレストンカフェのルピナス »

花暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山里の花だより-とちの木の花-南陽市吉野地区:

« 山里の花だより-みやこぐさ-南陽市十分一山 | トップページ | Care放浪記-クレストンカフェのルピナス »