« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告

6月30日 wed  雨

木工事

今年の梅雨は本当に梅雨らしい。
雨が降り続いています。
いよいよ 階段工事に入りました。
木造建築でこの階段の収め方は大工さんの腕の見せ所です。
最近は既製品の階段を指定することもありますが、今回は現場で造ります。
何日かかるのかな。
階段の構造材はすべてあらわしなので毎日写真が楽しみです。

1_8 2_7 3

外壁の下地の防湿シートです。

5 6 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲田園再生の記録-解体工事

珈琲田園再生の記録
6月29日  tue   曇り

解体工事

いよいよ 解体工事も地上部は形がなくなりました。
60年の歴史にお疲れ様。

1_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告

6月29日  tue  曇り

木工事


きょうは店主さんも現場視察です。
暖炉風ストーブの設置場所なども確認していただきました。
すこし・・・・・・・店舗の感じは・・・・・・・わかっていただけるかな。

外壁も色彩も確認していただきました。

1 2 1_2

床下の断熱材も搬入されました。

1_3 2_2

1_4

2_3

1_5

2_6

和室の床の断熱材の設置完成です。

子供室から烏帽子山公園が見えます。

2_5 1_6

そして、リビングの吹き抜けです。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲田園再生の記録-解体工事

珈琲田園再生の記録

6月28日 mon   曇り

解体工事


今は分別の時代です。
解体後の建築材料も同じです。
・・・・・・・・・だから・・・・・・大変。

木くず・コンクリート・鉄類・プラスチック。
すべて 分別しながらの解体です。


時間がかかります。

281_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告

6月28日 mon   曇り 281 283

木工事


大工さんの工事が本格的に進み始めました。
ここからは細かい収まりの打ち合わせが大切です。
Cafe部分の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-サッシュ取付

きなりCafe現場報告

6月26日  sat   晴れ 1 2

サッシュ取付

アルミサッシュの取付が始まりました。
私たちは図面の段階から頭の中にどこにどういう形の窓がつくかはわかっているわけですが・・・・・・・・・・・
一般の方はこの段階から始めて窓の位置がわかってくるのですね。どこが見えて、どこが見えなくなるのかがわかってくるのですね。
・・・・・・・・・・で・・・・・時々 意見の食い違いが出たりします。
図面や模型は縮小した空間だからね。実際の大きさで窓が表現されて初めて・・・・・・実際の空間がわかることもありますね。

今回は木造在来工法なので、ある程度の窓の位置の変更は可能です。
この段階でチェックします。
これが鉄筋コンクリート構造とか木造でもパネル工法となると出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のお話し-橋本大二郎さんを迎えて-南陽市

今日は南陽市森林シンポジュウムです。
前高知県知事の橋本大二郎さんを迎えて行われました。

橋本さんの基調講演の後、活発なディスカッションがありました。
わがボランテイア団体のフラワーネット南陽からもパネラーとして選出されました。副会長の沼田さんです。

今日は南陽市の現状の説明と各団体の活動が紹介されました。
森林について、いろいろな意見がありますね。

もっともっとお話したいですね。

01 02 03 05 06 09

おっ。わがフラワーネット南陽の沼田さんが橋本さんの隣の席か?
しっかり 撮りましたゼよ。

08 11


以下 本日の資料より

南陽市森林シンポジュウム
主催:南陽市     後援:山形県
山形県みどり環境交付金活用事業

平成22年6月28日(土)9:30~12:00
南陽市えくぼプラザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-のあざみ-南陽市金山

いま 野アザミがきれいに咲いています。
南陽市金山地区の道路沿いです。
なかなか このカメラでは本当の色が出ません。
本当はもう少し赤がはいっているかな。

なんともいえない きれいな花です。

1

のあざみ 〔野薊) Plumed thistele, Cirsium japonicum
【きく科あざみ属】 分布 本州、四国、九州
5~8月咲   初夏に野山をかざる野草の代表
田んぼの畦や道端の明るい所   刺に注意
野の花は持ち帰らずに野に置こう  種を風で飛ばす
栽培用にドイツアザミがある
草丈:1mまで     
    野薊は  蝶の立ち寄る  ティルーム    山帰来

以下 花図鑑より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲田園再生の記録-解体工事

珈琲田園再生の記録
解体工事


6月24日  thu 曇り

いよいよ 取り壊しです。
60年の歴史が積まれている建物です。

1_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-アルミサッシュ搬入

きなりCafe現場報告

6月24日 thu  曇り

■屋根工事  Cafe部分 カラー鋼板葺き

■アルミサッシュ  搬入

これからは目が離せなくなります。
現場らしくなってきました。

1_3 2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里の花だより-コナスビ-南陽市中川

ここは南陽市中川地区のクレー射撃場付近。

小さい花です。


コナスビ の花です。
以下花図鑑より

こなすび (小茄子)  1年草 Lysimachia japonica
【さくらそう科おかとらのお属】 分布地 全国 5~6月茎の間に5~6ミリの小花を咲かせる
葉は対生し緑が美しい  草丈10センチまで
株は横に拡がる  小さな草で見すごしやすい
この花が見えるようになると貴方も自然人だ
半日陰から日当たり地まで道端等  ちょっとした隙間にも生える
名前は茄子に似た実の形から

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと覗きたくなるデザイン

ここは山形市岩波。東北芸工大から西蔵王高原への途中です。
ずっと前から気になっていたデザイン。

富田造園デザインさんです。
さすがにプロの世界。

いいのかな。撮ってしまいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
覗き見です。

うー。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さすがにプロ。

小さい丸太のスライス。かわいいです。

とっても参考になります。・・・・・・
って・・・・・・もう・・・・・・・・パクリか?

1 2 3 4 5

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サンセットウォーキング-南陽市島貫地区

04_2 06 07jpg 08jpg 09jpg 10jpg 11jpg  サンセットウォーキング
南陽市島貫地区


6月22日 tue 曇り

アフターファイブのサンセットウォーキング。
今日は南陽市島貫地区。
赤湯駅の西側の住宅地です。

ここは閑静な住宅地。
歩道も公園もあります。
公園には シラン の花が繁殖しています。

夕日がきれいだろうな。
今日は残念ながら・・・・・・・・曇り。

駅はJRとフラワー長井線が入っています。

駐車スペースもあります。
周辺の住宅は敷地が広いです。
畑とガーデンをうまく作っているところが多いです。

さくらんぼ も植えているところもあります。

ガーデンのデザインとしては和ですね。
野菜畑とうまくミックスさせています。

垣根にウコギを植えているところもあります。

01 02 03 05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-イタチハギ-南陽市赤湯

イタチハギ です。昨年まで知らなかった名前です。
ずっと見慣れていて名前のわからない花って結構あるものですね。

花図鑑のおかげです。

花はきれいではないけれど・・・・・・
この植物の 歴史を知って納得しました。
ニセアカシア と同じなんですね。
旧建設省の道路工事や旧国鉄の鉄道工事で全国に広まったのですね。

撮影したのは南陽市赤湯の旧鳥上坂付近。まさに鉄道と国道が交差するところ。

黒花えんじゅ という別名もいいですね。

以下花図鑑より

 学名:Amorpha fruticosa
 別名:クロバナエンジュ(黒花槐)
 花期:春

 北米・メキシコ原産の落葉低木で,我が国には大正初期に渡来し,山林の砂防用や護岸用に植えられたものですが,今では各地で野生化しています。暗紫色の総状花序に小さな蝶形花をたくさんつけます。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-?ゆり?-南陽市中川地区

どなたか ユリ に詳しい方 教えてください。

これは山形県南陽市の中川地区から金山地区へつながる道路の中間点の鬼面石の付近で撮影しました。

笹ユリだと思っていましたが、花図鑑では 笹ユリは生息地は中部地方以西と書いてあります。

違うのでしょうか?

教えてください。 1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-またたび-南陽市吉野地区

いま 山里では不思議な光景がみられます。
白い花シリーズはずっと撮り続けてきましたが・・・・・・・・

これは花ではありません。
葉の半分くらいが白く変化している樹木があります。

またたび です。
南陽市吉野地区で撮影。

以下花図鑑より


またたび (木天蓼) Actinidia polygama
【またたび科またたび属】 分布地は全国
5、6月頃に花の様なマダラの白い葉をつけて、キュウィの花を小型にした様な白い花を咲かせる  雄花とめ花が別 山里には貴重な植物
マタタビの実は塩漬けにしたり酒に浸けたりする
虫こぶがある実は木天蓼(もくてんりょう)とよばれ薬や薬酒にする
又も旅ができるとは旅行者には夢のような植物
日当たりの良い落葉樹や崖に巻き付く
つる性落葉木本 ネコ科の動物はこの植物に興奮する

1 2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告
木工事


6月21日 mon  曇り


木工事も構造材はだいぶ 取り付きました。
外部の建具アルミサッシュの入荷を待って現場はちょっとお休みかな。
上がCafe部分。
下が住宅部分。

1_2 2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-クリの花-南陽市金山地区

山里の花だよりの白い花シリーズもまだ続いています。
今日はクリの花です。

ここは南陽市の金山地区の県道付近。

決してきれいではありません1

が、ちょっと気になる花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe放浪記-おかしのアトリエ Alice-南陽市

ここは洋菓子のお店です。
でもCafeコーナーもあります。
南陽市宮内のお店です。
おかしのアトリエ Alice です。

小さいお子様連れのお客さんが多いのか・・・・・・
遊べるキッズコーナーもあります。

5 6 7 1 2 3 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe放浪記-キッチンエコー

吉田類の酒場放浪記にあやかって・・・・・・ 1_3 2_3 3_3

Cafe放浪記。
今日は キッチンエコー
山形市青春通りです。

今日のランチです。700円台でこのボリューム。

6月も後半です。
雨の6月。
紫陽花の6月。

ウィンブルドンの6月。
「ウィンブルドンの雨」という服部克久さんの音楽が聞きたくなりました。

すごく好きな音楽です。

すこし、自分を取り戻したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-屋根工事

きなりCafe現場報告

6月19日 sat 曇り

屋根工事  カラー鋼板葺き

木工    窓枠取り付け

           窓の形が少しずつ見えてきました。
  さあ。ここからがしっかりとチェックしないといけません。
  大工さんとの打ち合わせの食い違いがないかどうか。
           あっ。一箇所 発見。
           まあ。後で手直ししていただこう。

3_2 2_2 1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅のリフォーム奮闘記-収納ものがたり

住宅のリフォーム奮闘記

見える収納・見せる収納・見せない収納

収納ものがたり

6月19日 sat  曇り

今日は住宅相談日。
リフォームの依頼主さんと打ち合わせです。
いつも 依頼主さんから教えられることが多いが今日も・・・・・・

おう なんと あの建築家の中村好文さんの自邸が掲載されている本を持っていらした。
私の尊敬する建築家のひとりです。

見える収納・見せる収納・見せない収納かあ?

それにしてもこの階段の吹き抜け部分に本を読むスペースなんて・・・・・・・・中村さんだなあ・・・・・・・・さすが。

4 5 6 7 8 9 1 2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-うつぎ-南陽市赤湯

本当にこの時期は白い花が多いですね。
でもよく見ると花の形はそれぞれ特徴がありますね。

今日も南陽市赤湯の旧鳥上坂です。
私の住んでいるところでもあります。

1_2

うつぎです。
たにうつぎ とは違いますね。

きれいな花です。
以下 花図鑑より


うつぎ (空木または卯の花) Deutzia crenata
【ゆきのした科うつぎ属】 分布地は沖縄を除く地域
5~6月頃山野や道路沿いに白い花をさかせる
卯月は陰暦の4月  卯の花とホトトギスが鳴くのは不思議とは同時期
軸は中空のため空木と呼ばれる 5弁の花
樹高2mまでの落葉低木 冬に実を遅くまで付けている
道路沿いに咲く木は栄養状態が悪い為良い花をつけないが、日当たりを良くして肥料などを充分与えると見事に咲く  栽培方法

 五月山  卯の花月夜  ほととぎす
   聞けども飽かず  また鳴かぬかも   万葉集より

  白い空木の  花咲く道を  どこまでも  車で走る  山帰来

   緑に染まる山道が果てしないのか、
        空木の花が果てしないのか?

  庭木用に西洋梅花空木や八重種の更紗空木がある
  同時期に咲く花が華麗な梅花空木  花の小さな姫空木
  南に小さくて可愛い丸葉空木もある
用途:庭木や生花用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-屋根工事-鋼板葺き

きなりCafe現場報告

6月18日 fri  曇り

屋根工事   カラー鋼板葺き   
     板金屋さん登場です。
     雨が近いです。
     がんばってください。


木工事    構造部材取り付け
     Cafe部分もなんとなく空間が形になってきました。

1 2 4jpg

■この建物で一番 大きな梁です。
  梁のせいが45センチメートルです。

3
■筋違いの金物です。

5jpg 6jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告

木工事

6月17日 thu 晴れ

気温が高いです。30度か?
木工事が進んでいます。
住宅部分がだいぶ木造建築らしくなりました。

アルミサッシュの色も決まりました。
ホワイトです。

2 3 5

午後からは住宅部分の外壁の最上部のパラペットの下地にかかりました。
すこし、意匠的な部分が見えてきました。

1_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ニンドウカズラ-南陽市赤湯

ハニーサックルというとなんかいいですね。

園芸種はそう呼びます。
ニンドウガズラの花が咲いています。
南陽市赤湯の旧鳥上坂。
1_3
ここにもいろいろな白い花が咲いています。

以下花図鑑より
にんどうかずら(忍冬、酔蔓、金銀草) Lonicera japonica
【すいかずら科すいかずら属】 分布地は日本全国5~6月に咲く   日当たりの良い斜面に生える
香りが良い    3m前後の落葉つる性木本
咲き始めは下の白い花、咲き進んでくると黄色ががってくる
黒い実が秋に実る  花は一対咲く
薬用には葉や若芽を摘み陰干しして保存
煎じて冷やし口内炎や歯槽膿漏に利用
煎じてあせもなどに浴用して利用
       園芸種 ハニーサックル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-屋根工事-ルーフィング敷き

きなりCafe現場報告 1

1_2 6

6月16日 wed  雨のち曇り

屋根工事 アスファルトルーフィング敷きです。
         鉄板屋根の下葺きです。これをやらないと雨の 
         日は大変なことにあります。

         鉄板屋根の色も決定しました。


木工事  構造材がだいぶ整ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告

木工事
6月15日 tue 曇り

屋根の形が見えてきました。
軒先はタルキ現しなので軒天部分は合板ではなく化粧の野地板です。
筋違の取り付けが始まりました。

2_2 1_2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ミズキ-南陽市吉野地区

今日も雨。
植物には本当にいい雨です。

白い花  白い花  山は白い花ばっかり。
山形県南陽市吉野地区です。
みずき の花です。
1 2

以下 花図鑑より 
みずき (水木) Cornus controbersa
【みずき科みずき属】  分布地は沖縄を除く各地
5~6月頃に咲く   粟粒を集めたような十字の白い集団花
やまぼうしと同科   日当たりが良く、湿り気の多い山地に生える
薄めの楕円形の葉で12cm以下   花全体の径は10cm程度
冬葉が落ちる頃から枝や幹が赤く目立つ  成長の早い木
冬の赤い枝は花材やもち花に利用する  木肌を見る
8~9月に黒い実がなる  しかし実の軸が赤いので赤みを帯びる
12mまでの落葉高木  春に枝を折ると水(樹液)が滴る
熊野水木は水木より花が遅く咲き、主に暖地に生えるが、吉和村では混在している
  水木の芽  やっと膨らみ  春が来る  山帰来

餅花について
 鈴木牧之の北越雪譜に、こう説明がある
正月13日14日のうちに門松しめかざりを取り払い、餅花を作り、大神官歳徳の神夷おのおの餅花一枝づつ神棚へささぐ。そのつくりやうはみづ木といふ木、あるいは川柳の枝をとり、これに餅を三角又は梅桜の花形に切たるを、かの枝にさし、あるひは団子をもまじふ、これを繭玉といふ。・・・・・・
   参考 小正月の削り花(小正月の項参照)

利用:公園樹、庭木、器具用(こけしに使われる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ヤマボウシ-南陽市中川地区

ヤマボウシの白い花が風に揺らいでいます。
白いリボンのように見えます。 2_2 1_2
梅雨に入りました。

以下花図鑑より

やまぼうし (山法師) Cornus kousa
【みずき科みずき属】 分布地は北海道と沖縄を除く地域
5~6月頃林のなかに白い十字架型の花を咲かせる
木の上部に花を付けるので上からか横からでないと見えない
秋にひょうきんな赤い実をならせ少し甘く食べられる
500m以上の比較的高地にある   吉和村に多い
花の匂いはない   秋には紅葉する   落葉樹林の中に多く生える
高さ10メートルまでの落葉中木   花を法師の頭巾に見立てた
幹は細身、肌は灰色で斑点がある    アメリカ花ミズキと同属
庭木にも利用される    実を蒔いて育てる
 注意:欲しくても山では苗木を取らない事
     自然の形態が変わる為不可(実を拾って育てること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事

きなりCafe現場報告

木工事
6月14日 mon 雨

Cafeの一部の壁面が斜になっているのでその部分の収まりに大工さんが苦労しています。45度なら、まだ許せるのだが・・・・・・
微妙な角度がついています。 2 1 3
屋根のタルキがつくまではちょっと大変です。

でも 仕上がると とても不思議なきもちいい空間になるのですが・・・・・・・・・・ね

まだ設計者の私しかわかっていません。絶対・・・・・・よくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーニング・ウォーキング-寒河江

モーニング・ウォーキング

寒河江

6月13日 sun 晴れのちくもり

今日は寒河江です。
はな咲かフェアin さがえ の会場です。
全国都市緑化フェアのときにボランティアで参加した家族 語らいの庭を中心に朝のウォーキング。
まだ 開場前の整備中のガーデンをウォーキングです。

01 02 03 05 04 06 07 08 09 10 12 11 13 14 15 04_2 01_2 02_2 03_2 01_3 02_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事 建て方

1_4 2 3

きなりCafe現場報告

木工事
 
建て方

6月12日 sat 晴れ

形が出来てきました。この瞬間瞬間が感動します。
最近はプレカットといって、デジタル化した図面にもとずいて工場で切断する部材が多いのですが・・・・・・・
今回は大工さんが一本一本木材を加工したものです。
部材に書かれた記号をあわせて、組み立てていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲田園再生の記録-工事見積書

珈琲田園再生の記録
1_2 1_3
工事見積書

6月12日 sat  晴れ

建設会社の工事見積が出てきました。
店主さんを交えて、説明を受けました。
ここからも戦いであります。

一週間 時間をいただいて 希望の金額まで調整です。
事業仕分け という感じかな。

今は人件費が高いから、ちょっと手の込んだ仕事を要求するとすぐ金額に跳ね返ります。

このお店のお客さんからこんなありがたいカードが届きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ノイバラ-南陽市赤湯

うちのすぐ近くの斜面にあります。
1
ノイバラ です。
普通の薔薇に比べれば・・・・・・とてもちいさく質素です。
でも なんとなくいいです。南陽市赤湯。


以下 花図鑑より


ノイバラ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ノイバラ(クロンキスト体系)

分類
科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
属 : バラ属 Rosa
種 : ノイバラ R. multiflora

学名
Rosa multiflora
和名
ノイバラ(野茨)
ノイバラ(野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。日本のノバラの代表的な種。沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。ノバラ(野薔薇)ともいう。



特徴 [編集]
高さは2mぐらいになる。葉は奇数羽状複葉で、小葉数は7-9、長さは10cmほど。小葉は楕円形、細かい鋸歯があり、表面に艶がない。

花期は5~6月。枝の端に白色または淡紅色の花を散房状につける。個々の花は白く丸い花びらが5弁あり、径2cm程度。雄しべは黄色、香りがある。秋に果実が赤く熟す。

同属でやはり身近に出現するもの-にテリハノイバラ (Rosa luciae) があり、こちらは葉の表面にクチクラ層が発達しているため、艶がある。また花は一回り大きく、数が少ない。

分布と生育環境 [編集]
北海道から九州までと、朝鮮半島に分布する。

野原や草原、道端などに生え、森林に出ることはあまり見ない。河川敷など、攪乱の多い場所によく生え、刈り込まれてもよく萌芽する、雑草的な性格が強い。

利害 [編集]
道端にも多く出現し、棘が多いので雑草としてはいやがられる。刈り入れられても根本から萌芽し、根絶は難しい。

他方、果実は営実(エイジツ)と称し寫下薬、利尿薬になり、日本薬局方にも記載されている。また、バラの園芸品種に房咲き性をもたらした原種であり、日本では接ぎ木の台木に使用される。そのため、しばしば栽培中に根本からノイバラが萌芽し、繁茂してしまうことがある。

古くはうまらと呼ばれ万葉集にも歌われている[1]。

道の辺の うまらの末(うれ)に 這(は)ほ豆の からまる君を はなれか行かむ
丈部鳥(はせつかべのとり)  巻二十 4352

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ハナウド-南陽市吉野地区

道路沿いに咲いているハナウドです。
山形県南陽市吉野地区の県道です。
決してきれいではありませんが存在感はあります。

以下花図鑑より


はなうど(花独活) Heracleum moellendorffii 多年草
【せり科はなうど属】 分布 本州関東以南、四、九州
5~6月咲  花は白色で小集団が集まって傘状に咲く
花は5弁あり外の花弁が大きい  花径8mm程度
全体の花径は20cmまで
山地の少し湿った道沿いや川岸に生える
3出羽状複葉で大きくて割れて尖る
草丈2mまで
1_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンセット・ウォーキング-南陽市漆山

サンセット・ウォーキング

南陽市漆山

6月11日 fri 晴れ

夕鶴の恩返し伝説のある南陽市漆山地区を歩いています。
全国に100くらいありますね。・・・・・・夕鶴のお話。

昔話って結構 同じような物語が全国に散らばっています。
おりはた川の近くです。

4_2 3_4 5_2 1_4 2_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事-建て方

きなりCafe現場報告


木工事

建て方

6月11日 fri 晴れ

始まったよ。
大型のクレーン車が到着。
大工さんが乗り込んできました。
明日までクレーンは動きます。
2_3 1_3 3_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe放浪記-シャンソン物語-山形市

Cafe放浪記

2_2 3_2 1_2
シャンソン物語

山形市

シャンソン物語です。
山形ではめずらしい地下のCafeです。
市役所の都市政策課の帰りに寄りました。
午後の3時ころだったが・・・・・・・主婦層が多かったな。

ちょっとヨーロピアンな音楽で・・・・・・・・
ウィンナーコーヒーを・・・・・・・・・・

窓枠は手の込んだ細工。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-木工事-土台敷き

きなりCafe現場報告
木工事
 

木材搬入
土台敷き 2 1 4

6月10日 thu 晴れ

いよいよ大工さんが乗り込んできました。

土台の敷きこみです。

5 3 6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲田園再生の記録

珈琲田園再生の記録

解体工事
6月10日 thu 晴れ
1_8
いよいよ解体工事です。
店名ロゴもはずされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンセット・ウォーキング-蔵王温泉

  2_2

サンセット・ウォーキング
蔵王温泉


6月9日  wed 晴れ

アフター・ファイブのウォーキング。
蔵王温泉街です。

1_2

伊藤屋。昔なつかしいです。アップルというCafeを造ったとき 設計を担当しました。

 

1_3

シュロス蔵王に来ました。昔 ここのマスターとテニスの試合をした。

新庄で・・・・・・・・激しい試合。勝ったぞ・・・・・・・・・・・

その後 ケイレンして帰ってくるのが大変だった。

1_5

道路拡張の工事をしています。

4_2

3_2

新右衛門の湯に来ました。

1_7 2_3 3_3 4_3 6 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-基礎工事

きなりCafe現場報告

6月9日 wed 晴れ 1 2

基礎工事
天端均し


基礎工事もいよいよ最終段階です。
基礎の立ち上がり部分の天端を水平にモルタルで調整しながら塗ります。


仮設工事

外部足場も掛け始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花ごよみ-ニッコウキスゲ-南陽市赤湯

1 ニッコウキスゲが咲きました。
緑の中に濃い黄色が目につきます。
この種類はいろいろな名前かぜありますね。
地方によっては違う呼び方みたいです。
また植物学的に不思議な分類です。


すっかり初夏の雰囲気に変わりました。
以下フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より


科: ユリ科 Liliales
属 : ワスレグサ属 Hemerocallis
種 : ゼンテイカ H. dumortieri var. esculenta

学名
Hemerocallis dumortieri C.Morren var. esculenta (Koidz.) Kitam. ex M.Matsuoka et M.Hotta
シノニム
H. esculenta (Koidzumi, 1925)
H. sendaica (大井, 1949)
H. middendorffii var. esculenta (大井, 1949)
和名
ゼンテイカ、セッテイカ、ニッコウキスゲ、エゾカンゾウ、エゾゼンテイカ、センダイカンゾウ、トビシマカンゾウ(島嶼型)
英名
Daylily
ゼンテイカ(禅庭花)は、ユリ科(APG分類体系ではキスゲ科(ワスレグサ科))の多年草。和名であるゼンテイカの他に「ニッコウキスゲ」の別名を持ち、別名で呼ばれることも多い。また、各地で別々に同定されたため、和名、学名ともに混乱が見られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンセット・ウォーキング-南陽市宮内しんまち通り

サンセット・ウォーキング
南陽市宮内 しんまち通り

アフターファイブの街歩きです。
今日は南陽市宮内地区 しんまち通りです。

かつては宮内駅から熊野神社まですごい賑わいだった・・・・・・しんまち通り。
なんといっても日本三大熊野のひとつ。
しかし、時代の流れには勝てません。今は商店街も空きやが目につきます。

1_4

2_4

3_2

がんばっているお店もあるのです。
それと宮内駅にある「ないしょ話」の歌碑です。

4_2 1_5 2_5

宮内町の裏通りに入るとこんな石塀が目につきます。

1_6 2_6 3_3

  熊野神社の近くにある宿坊です。
中はその近くにある緑が美しい風景です。
下は 南陽市の近代洋風建築指定のひとつの理容店です。

1_7 2_7 2_8

今日のウォーキングは約60分。
収穫です。
熊野神社の参道の東側の通りにあった住宅です。
薪がインテリアに使われています。

上手に使われていますね。お庭もなかなかいいです。

1_8 2_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-基礎工事-土間コンクリート

きなりCafe現場報告
基礎工事
土間コンクリート
6月8日 tue 曇り

基礎工事の土間コンクリート部分の配筋です。
建物の内部の間仕切りがイメージ出来てきました。

1_2

2_2

3

4

引き続きコンクリート打設です。

今日みたいな天気はコンクリート打設には最高です。

1_3

2_3 3jpg

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-フランス菊-南陽市赤湯

道路際に白い花がたくさん咲いています。
フランス菊
というと素敵な名前です。でも別に見慣れた花ですけど・・・・・・
おそらく、もともとは園芸種で庭に植えていたものがいつの間にか・・・・・・
野生化したものでしょうね。

ここは南陽スカイパークに上る山道の入り口。
あのハンググライディングの基地のあるところです。

以下 花図鑑より

フランス菊 (仏蘭西菊)
Chrysanthemum leucanthemum, oxeye daisy
【きく科きく属】 原産地はヨーロッパ
春か秋に株分け  種は春蒔きで翌年開花  花径7cm程度
耐寒性あり  耐暑性は少しあり  5~6月咲き
白い花が初夏の風に揺れているのも風情がある
野生種  全体が細身で野の花のよう
道路の斜面など野原にも咲き強健
日当たりと水はけの良い場所に植える
草丈60cmまで  この交配種にシャスターデージーがある

利用方法:花壇、切り花、鉢植え用
花言葉:忍耐
1 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-基礎工事-型枠脱型

きなりCafe現場報告
基礎工事
型枠脱型
6月7日 mon 晴れ


基礎の型枠が外れました。
コンクリートがむき出しになりました。

そして また 墨出し です。
建築工事はまだまだ 繰り返し繰り返しのアナログ時代。

その中のコンピュータ時代とはだいぶかけ離れています。

そろそろ 大工さんの登場かな。

1_2 2_2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-キショウブ-南陽市赤湯

ここは山形県南陽市赤湯の旧鳥上坂です。
お昼は木陰で休んでいるドライバーさんがいます。

キショウブが咲いています。

以下花図鑑より

きしょうぶ ( 黄菖蒲 ) 宿根草 Iris pseudacorus
【あやめ科あやめ属】 ヨーロッパからの帰化植物
5~6月咲き  湿地から畠まで適応範囲が広い
雑草化しているが美しい花 草丈80センチまで 


1 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅相談-冷暖房方式

住宅相談悪戦苦闘記
冷暖房方式打合せ 1 2 3
6月6日 sun 晴れ

今日は住宅相談の日。
冷暖房方式の説明をやりました。
設備設計担当者から相談者へ・・・・・・・・・・
今・・・・・・熱源は電気・灯油・ガス とありますね。
でも将来を考えると電気となるかな。
だけど・・・・・・・灯油はまだまだ安いですね。

熱源は電気といっても方式はたくさんあります。
蓄熱電気暖房方式もあるけどエアコン方式もだいぶ改善されています。

それに給湯もエコ給湯といってもまだまだ高いし・・・・・・ね。

家族構成とか日中の家の使われ方で違ってくるけど・・・・・・
これぞ・・・・・といってそれぞれ一長一短です。

それに数年後にどうなるかは読めないから・・・・・・・・
今日のところは決定しないでご説明だけにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーネット南陽活動記-温泉通り花壇-植え込み

フラワーネット南陽活動記
赤湯温泉通り花壇
植え込み
6月5日 sat 雨のち晴れ

きょうは 南陽市赤湯温泉ゆかい倶楽部と共同作業。
温泉通りの花壇の植え込みです。

私たちの花壇はロックガーデン風に・・・・・・・・・・・
風に小さな花がなびくように・・・・・・・・・
ふるさとの山里の風景の一部のように・・・・・・・


なんて・・・・・・・そういう感じです。
それにしても 雨なのに 楽しそうです。


来月 軽井沢の絵本の森美術館のガーデンを見て、また修正します。

それも楽しみです。

朝6時からの作業でしたが、その後の酒井ワイナリーさんのなかにあるCAfeやまどりでは

話もはずみました。

52_3  6 4 3_2  1_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-植栽計画

きなりCafe現場報告
植栽計画
ガーデンガーデン
6月4日 fri くもり

仙台市愛子のガーデンガーデンです。
いつも お世話になっているガーデニングのお店です。

着工中のきなりCafeの植栽の相談を兼ねて・・・・・・・
店主さんのお母様が大切にしていた花々を生かして楽しいグリーンのおもてなしを考えています。
クレマチスも入れたいのです。
この鉢ものも楽しそうです。

ついでに5日に植え込みをする赤湯温泉通りり花壇の花苗も買っていきます。ロックガーデン用に・・・・・・・山野草みたいなの・・・・探して行きます。
1 2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ほうのき-南陽市吉野地区

ほうのき の花です。
私のデジカメでは難しい。
ほうのきは高いところで花が咲くので・・・・・・・撮れない。
やっと撮れました。必死でした。
本当にがけにまっさかさま・・・・・・・寸前。
ちょっとケガしました。

でもうれしいです。
貴重な写真です。
南陽市吉野地区の山林です。
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-基礎工事-養生

201006031

きなりCafe現場報告
基礎工事
養生
6月3日 thu 晴れ

基礎のコンクリートはゆっくり強度を増していきます。
ゆっくりゆっくり・・・・・・・発熱しています。
指定の強度が出るまでお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲田園再生の記録-街並み景観検討

珈琲田園再生の記録
街並み検討委員会

6月3日 thu 晴れ

今日は南陽市赤湯温泉通りの街並み景観検討委員会です。
珈琲田園の建て替えに関して景観的な議論を交わしました。
市役所建設課の方々・建築士・商店街の代表者です。

店主の新店舗へのコンセプトの説明のあと、外観等の説明をしました。
再度 詳細を検討して設計図をまとめます。

プレゼンテーションはもっと楽しくやりたいね。
まだまだ 力量の足りなさを痛感しました。
サッカーの岡田監督の心境がわかります。
1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

烏帽子山公園だより-イチハツ-南陽市赤湯

1

烏帽子山公園の緑もだいぶ濃くなっています。
アジサイにはまだ早いけど・・・・・・・・・・・
イチハツがきれいです。
だいぶ前に咲き始めたのですが・・・・・・まだ咲いています。

まだ わかりません。
花ショウブ。
杜若。
イチハツ。

以下花図鑑より

[学名:Iris tectorum Maxim.]

アヤメ科の多年草。中国内陸部の原産で江戸時代から栽培されていた。根茎は太く、短く、叢生(そうせい)する。葉は淡緑色で先は鋭くとがり、長さ30~60センチメートル、幅2.5~3.5センチメートル、平滑で中央脈は不明瞭(ふめいりょう)、基部で扇状に開く。4~5月に花茎を30センチメートルくらいに伸ばし1~2枝を出し、各枝に2~3花をつける。小包葉は倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で膜質。小花柄はほとんどない。花は紫点があり、径約10センチメートル、花筒は長さ2.5センチメートル。外花被片(かひへん)は倒卵形で、中央部から以下は内面に紫斑(しはん)のある鶏冠状の白色肉質突起を密生する。内花被片はほぼ同大で斜めに開く。白花と斑入葉(ふいりは)種がある。耐寒性、耐乾性ともに強く、地表あるいは浅土中に細い多数の地下茎を伸ばして繁殖する。昔は藁葺(わらぶ)き屋根に植えた。日なたでも半日陰でも育つが、半日陰で美しい。

[ 執筆者:吉江清朗 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルー・スカイ・ブルー

ブルー・スカイ・ブルー

こんな音楽がありましたね。
ここは南陽市十分一山。ハンググライディングの基地テイクオフエリアです。

ちょうど テイクオフ する方がいました。シャッターチャンス。
気持ちいいだろうな。
1_3 2_3 3_2 4 そして、20年前 私が設計したログハウスです。クラブハウスに使用されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きなりCafe現場報告-基礎工事-コンクリート打設

きなりCafe現場報告
基礎工事
立ち上がり部 コンクリート打設
6月2日 wed 晴れ

今日は基礎の立ち上がり部分のコンクリート打設です。
そして、コンクリートが固まらない状態でアンカーボルトを設置します。
このアンカーボルトの位置がまた重要なことです。
設計図に基づいて確認します。

2_2 5jpg 3 4jpg 6jpg

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-ニセアカシア-南陽市赤湯

2 1

6月に入って道路わきの風景もすこし変わってきました。
ニセアカシアの花が咲いてきました。
南陽市 国道13号線の鳥上坂で撮影。



以下
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より


ニセアカシア
分類
科 : マメ科 Fabaceae
属 : ハリエンジュ属 Robinia
種 : ハリエンジュ R. pseudoacacia

学名
Robinia pseudoacacia
和名
ハリエンジュ(針槐)
英名
Locust tree
ニセアカシア(学名:Robinia pseudoacacia)は北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ(針槐)。日本には1873年に渡来した。用途は街路樹、公園樹、砂防・土止めに植栽、材は器具用等に用いられる。季語は夏である。

一般的に使われる名称であるニセアカシアは、種小名のpseudoacacia(「偽のアカシア」)を直訳したものである。


特徴 [編集]
樹高は20~25mになる。葉は、初夏、白色の総状花序で蝶形花を下垂する。奇数羽状複葉で小葉は薄く5~9対。基部に1対のトゲ(托葉に由来)がある。小葉は楕円形で3~9対。5~6月頃、強い芳香のある白い蝶形の花を10~15cmほどの房状に大量に咲かせる。花の後に平たい5cmほどの鞘に包まれた4~5個の豆ができる。

きれいな花が咲き、観賞用として価値が高いことから街路樹や公園にも植えられるが、幹に鋭い棘があり剪定しにくく、根から不定芽が多数出る、風で倒れやすいなどの理由で庭木などにはあまり向かないといわれる。棘のない園芸用の品種もある。

材は年輪が不明瞭で、かなり重く、硬く粘りがあり加工しにくい。耐久性が高いためかつては線路の枕木、木釘、木炭、船材、スキー板などに使われた。

葉、果実、樹皮には毒性があり、樹皮を食べた馬が中毒症状を起こした例がある[1]。

有用植物としてのニセアカシア [編集]
食用 [編集]
花そのものを天ぷらにして食べる。『新芽はおひたしや胡麻和えにして食べられる』と言われているが、花以外には毒があるので食用にすることは薦められない。
花をホワイトリカー等につけ込んでつくるアカシア酒は強い甘い花の香りがする。精神をリラックスさせる効果があると言われる。
花から上質な蜂蜜が採れ、有用な蜜源植物である。
緑化資材 [編集]
緑化資材として、ハゲシバリの別名で知られる。マメ科植物特有の根粒菌との共生のおかげで成長が早く、他の木本類が生育できない痩せた土地でもよく育つ特徴がある。このため、古くから治山、砂防など現場で活用されており、日本のはげ山、荒廃地、鉱山周辺の煙害地などの復旧に大きく貢献してきた[2]。北海道では、耕作放棄地、炭鉱跡の空き地などの管理放棄された土地がニセアカシアの分布拡大の一因となっている[3]。

近年、本来の植生を乱すなどの理由で、緑化資材に外来種を用いることが問題視されているが、ニセアカシアの利点を備え持つ樹種は少ないことから、代替資材の選定が困難なものとなっている。ただ、その強い生命力ゆえのマイナス面も存在する。一度、ニセアカシアを植樹してしまうと抜根や薬剤注入をしない限り除去が困難になること、また、高木化するため薄い土壌の斜面に植樹した場合、極めて倒れやすくなることなどの性質があり、これらを良く理解して導入する必要がある。

薪炭材 [編集]
生育がきわめて早く、痩せ地でも育つために、薪炭材としても用いられていた。1950年代まで、一般家庭の暖房や炊事、風呂の焚きつけなどに使う火力は、ほとんどが薪(まき・たきぎ)や炭に依存していたため、ニセアカシアは大変有用な植物であった。北海道に多く植えられたのも、燃料としての需要が多かったためである。

要注意外来生物リスト問題 [編集]
2006年7月現在、外来生物法の「要注意外来生物リスト」において、「別途総合的な検討を進める緑化植物」の一つに指定されている。 要注意外来生物リストにあげられ、駆除(伐採)が検討されているが、全国の養蜂業者による「日本養蜂はちみつ協会」は「アカシアを守る会」を結成しリスト指定に反対している。生産量全国第3位の長野産はちみつは、約8割がニセアカシアの花を「みつ源」としている。各地の河川敷などに猛烈な勢いで野生化しており、2007年秋には天竜川、千曲川流域の河川敷で伐採作業が行われた。

ニセアカシアとアカシア [編集]
明治期に日本に輸入された当初は、このニセアカシアをアカシアと呼んでいた。後に本来のアカシア(ネムノキ科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり区別するためにニセアカシアと呼ぶようになったが、今でも混同されることが多い。たとえば、札幌のアカシア並木も、札幌松坂屋開店時のキャッチコピー「アカシアの花白くいま開く松坂屋」も、アカシア蜂蜜として売られているものも、西田佐知子のヒット曲「アカシアの雨がやむとき」、石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」や北原白秋の「この道」に歌われる"アカシアの白い花"や、清岡卓行の小説「アカシアの大連」で中国の大連市を代表する樹木として知られるものも、2000年代に入ってからは松任谷由実の「acacia (アケイシャ)」やレミオロメンの「アカシア」もすべてニセアカシアに関するものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里の花だより-コーンフリー-南陽市金山地区

コーンフリーという花です。
もともとは健康食品のために栽培したらしいが、今は野生化しています。 だいぶ各地の道端で見られるようになりました。

白や少しうす紫色のものが見られます。

以下花図鑑より
ヨーロッパ原産で、明治中期に渡来し、健康食品・薬用として栽培されてきましたが、全草にアルカロイドを含むので、あまり食べない方がよいようです。
生の葉を染料に使ったり、捻挫などの外用薬としては使われています。
各地で野生化しているものもあり、牧草としても利用されるとか。
茎に目立ったひれがあることから、「ヒレハリソウ」とも言う。1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »