« きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 | トップページ | きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 »

山里の花だより-アガパンサス-南陽市赤湯

今日は我が家のアガパンサスです。

南陽市赤湯。


この時期 アジサイがきれいですがもうひとつのブルー。
アガパンサスもお気に入り。

株分けしていろいろな方々に上げたのでもっと増やしたいです。

ピンクの花はガウラです。

1 2

以下花図鑑より

アガパンサス (紫君子蘭、アフリカンリリー)
Agapanthus africanus
【ゆり科アガパンサス属】 原産地は南アフリカ
寒地は春植え  一般には9月に株分け  3本以上を1株にする
花が済んだら種ができるので早めに摘む
日当たり、水はけの良い所を好む  作りやすい  放任栽培可能
6月咲き  耐寒性はかなりある  花期が短いので脇役に
草丈80cmまで  大株になる  白色もあり
 
利用方法:花壇、切り花、鉢植え用

花言葉:恋の訪れ




ガウラ白蝶草) Gaura lindheimeri
宿根草 【あかばな科ガウラ属】 原産 北アメリカ 
7~10月に薄いピンク色の花を咲かせる  花径5cm程度
株分けは4月か11月  種蒔きは4月
日当たりが良い場所に植える  土質は選ばない
細長い花茎に散らばって花をつける
草丈1mまで  耐暑、耐寒性は強く強健
花壇の主役ではなく脇役か?


利用方法:花壇、切花用

|

« きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 | トップページ | きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 »

花暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山里の花だより-アガパンサス-南陽市赤湯:

« きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 | トップページ | きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 »