« きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 | トップページ | Cafe放浪記-ファインマン-山形市緑町 »

山里の花だより-がま-南陽市吉野地区

ここは南陽市吉野地区の県道。
がまです。

最近はなかなか見られなくなりました。
以下花図鑑より

1



がま (蒲)
 Typha latifolia
 多年草
【がま科がま属】
分布地 沖縄を除く全国
6~8月に開花
草丈1.5m以下
沼地に生える
薄茶の上部が花粉を持つ雄花で、芯を残し落下する
グリーンの下部が雌花で茶色に色づき穂になる
穂は茶色のソーセージ型になり冬には白い穂綿になる
花粉を漢方で蒲黄(ほおう)といって、傷にふりかけて止血薬に用いる
日本神話の因幡の白兎は、蒲の花粉にくるまった
冬、寒風が吹く沼にこの白い穂綿が残っているのもわびしい感がする

|

« きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 | トップページ | Cafe放浪記-ファインマン-山形市緑町 »

花暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山里の花だより-がま-南陽市吉野地区:

« きなりCafe現場報告-南陽市赤湯 | トップページ | Cafe放浪記-ファインマン-山形市緑町 »