« 売れっ子の建築家 | トップページ | 注目されています。きなりCafeへの投稿 »

うれしい・・・・・投稿-きなりCafe

ボクはこのブログとほぼ同じ内容の記事を別の日記にも書いています。

山形でつながる地域コミュニティー「まじゃーれ」です。

ルイ・アームストロングが好きなので「さっちも」のペンネームで書いています。

その「まじぁーれ」に今日未明 とてもうれしい投稿がありました。

「圭一郎」さんからです。

あまりにもうれしいので・・・・・・そのまま コピー します。

写真も圭一郎様の写真をコピーします。

きなりCafeの店主ちゃま。がんばろう!

素敵な笑顔の優しいお姉さん・・・・・・だって・・・・・・・・・

 さっちもさんが、毎日のようにご自分のブログや このまじゃ~れで紹介してくれた店 きなりcafe 。

 出来上がるまでの進捗状況をが楽しみで いつも見ていた。

それが とうとう完成し オープンしたとのことで いつか行ってみたいと思っていたのだが 今日 行く機会ができた。

仕事で 朝から南陽・宮内まで行く用事があり その後に寄ってみたのだ。

真新しい建物の まだ手垢のつかないドアを開ける。

10時前で 開店前だったが、
「いま お湯を沸かしてますから チョットお待ちください。」と
素敵な笑顔の優しいお姉さん。

「それじゃぁ 店の中でも見せてもらいますか。」と
店中を見せてもらう、といっても すぐ見られるくらいそんなに広い店ではないのだが、
とっても可愛い店だ。

「板垣さんのブログで 毎日この店のことを見ていて 来てみたかったんです。」 

「あらぁ 建築関係の方ですか?」

「いいえ まぁ 板垣ファンといったところでしょうか・・・。アハハ」

「どちらからいらしたんですか?」

「谷地です。」

「あら 今日午後 谷地から友達が来るんです。
 谷地って 遠いんですか?どれくらいで来られるんですか?」

「高速で来ると 一時間かかりませんよ。」

などと 言いながら 注文したコーヒーを待つ。

店の中には 明るい日差しが差し込んでいて 陽だまりが出来ている。
壁や棚に置かれた 素敵な小物が 語りかけてくるようだ。

窓から見える外の庭には さっちもさんが植えたばかりの草花が 古い材木の隣で咲いている。

ボサノバの曲が流れて きなりブレンドが運ばれてきた。

コーヒーカップが新鮮で 開店したばかりのような初々しさが感じられた。

コーヒーを飲みながら さっちもさんが送ってくれたこの店の出来上がるまでの出来事が 不思議と次々思い出され
さっちもさんのこの店への思い入れが分かった気がした。

古いタイプライターと 時代物のミシンの横に 新しい手づくりの石鹸が置かれている。

新しいものの中に 古いものがうまく調和していて この小さな店の中で人それぞれの想いが大きくなっていくのだろうか。

そんなことを考えていたら お客が二人入ってきた。

初めて来たお客さんらしく 
「あら 可愛い店・・・」と歓声を上げていた。

ゆっくりと もう一杯コーヒーが飲みたかったのだが 
僕だけがこの店を独占するわけにもいかない。

「板垣さんに よろしく仰ってください。」

「あのう どちらさまで・・・」

「うん あ 圭一朗といえば 分かると思います・・・。」

「板垣さん 毎日みたいに 来てくれるんで 今日も来ると思います。」

「コーヒー 美味しかったです。チーズケーキ ご馳走さま。また来ます。」

外に出ると 初冬の太陽が輝いていて 今日は天気がいい。

ああ 隣の「田中屋」のあんびん やっぱり売り切れだ。
久しぶりに食べたかったのに 残念。
今度は あんびん買って 食べながら コーヒー飲もうとするかぁ。

「きなりcafe」 オープンおめでとう!!

01_2 02_2 03_2

|

« 売れっ子の建築家 | トップページ | 注目されています。きなりCafeへの投稿 »

お気に入りのお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしい・・・・・投稿-きなりCafe:

« 売れっ子の建築家 | トップページ | 注目されています。きなりCafeへの投稿 »