« 農村整備-かんがい施設-現場日記-vol.14 | トップページ | 農村整備-かんがい施設-現場日記-vol.15 »

韓国の建築家

10日 韓国の建築家の講演を聴きました。
金 贊中  (キム・チャンジュン)。
ハーバード大大学院卒。
第10回ベネッツィア ビエンナーレ。


仙台市メディアテークです。

急速な発展を遂げる韓国の若手建築家のお話し。
日本と違って国家プロジェクトだから・・・・・・
やり方がまったく違うことも感じたけど・・・・・・・
何か・・・・かつて黒川紀章氏たちがやっていた・・・・・
メタボリズム活動にも共通しているように思えました。

急速な発展と・・・・・日本がその影で失われていくものも感じました。

それにしても・・・・・・・今の日本が失っていくのは経済性だけだろうか?
デザイン界も何か元気のなさを感じます。

1 5 3

聴衆の中には学生も多かったです。
若い学生さんは何を感じているのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・

それにしてもメディアテークの開放的な空間。
伊東豊雄氏が世界に発信している代表作品です。

2 1_2 2_2

そうか。
外は光のページェント。
・・・・・・・・・・・・・・・・
寒くはなかったけど・・・・・・・
ふと・・・・心の中が・・・・・・初冬の隙間風が・・・・

1_3

広瀬通りと晩翠通りの交差するあたりで・・・・・・
こんなお店 発見しました。
・・・・・・・・・・

時間がなくて・・・・中には入らなかったけど・・・・・

2_3 3_2 1_4

|

« 農村整備-かんがい施設-現場日記-vol.14 | トップページ | 農村整備-かんがい施設-現場日記-vol.15 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の建築家:

« 農村整備-かんがい施設-現場日記-vol.14 | トップページ | 農村整備-かんがい施設-現場日記-vol.15 »