« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

★★★ ドライブ日記 - 西蔵王高原

2018111801600

♪ first  song ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 日本建築学会山形 - ワークショップ

建築物の保全活用に関するワークショップに参加。
600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ Cafe放浪記 Charcoal Bar TESORO

Team ケンチク ミーティング  かな?

村山市駅西。

Charcoal_bar_tesoro600_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中心市街地居住-車椅子でも安心してリノベーション

工事も追い込み。
段差解消改修の確認をしています。

山形市本町。

02600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 里山を歩いて

子供のころ、歩いた道。
あの頃と同じ「せんぶり」

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★  Cafe 放浪記 珈琲田園

Cafe 放浪記

南陽市赤湯 珈琲田園。
設計から担当して9年。
2010年10月オープン。

その時植えた「姫りんご」
花が咲いていた。

1600_3
1600_4
2600

♪ danny  boy ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 中心市街地居住リノベーションものがたり

ここに住み続ける意味を考えなくてはならないです。
1600

♪ by  your  side ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ Team SLATE Garden Party

東根市長瀞。

今日 新たなコーナーがウッドデッキに誕生。

01600

♪ too  young ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 白竜湖ものがたり

南陽市赤湯 十分一山から。
1600

♪ spanish  eyes ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ スカイパーク

南陽市赤湯十分一山。
1600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 中心市街地居住リノベーションものがたり

山形市本町。
敷地境界もギリギリ。
工事も一部屋づつ。

1600_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 雪国の Garden メンテナンス

「立冬」
雪に埋もれる前にやっておきたいことがたくさんあります。
この水辺もきれいになってきました。

今は「ヒルムシロ」が植生しています。
来春までに水生植物のプランをしっかり作りたいです。

東根市長瀞。

01600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 雪国の Garden メンテナンス

延べ段風に。

東根市長瀞。

01600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 雪国の Garden メンテナンス

ウッドデッキ。

山野草だから雪に埋めれます。

東根市長瀞
01600

♪ release  me ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 雪国の Garden メンテナンス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 雪国のGarden メンテナンス

リボングラス。
周囲の薔薇の剪定と誘引が終わったので、存在感が出てきました。

東根市長瀞。

01600

♪ danny  boy ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 雪国のGarden メンテナンス

予報通りの秋晴れ。
これからは、この暖かい晴れの日が貴重な活動日です。

今日はバラの剪定と誘引。
水辺のタイル貼り。

雪国の宿命です。
日没が早くなりました。
今日 一日 ありがとう。

60001
60001_3
60002
60003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 宿泊施設のリノベーション

想像していたよりいいお風呂場。

でも、固いねえー。もっと自然と融合できないものかと ?..
01600

♪ all  of  me ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★★★ 宿泊施設リノベーションものがたり

どうなるかわからないけど。
とりあえず、視察だけさせていただきました。
すごすぎる。
・・・・・・・・・・
ソーラーパネルが。
景観  ?  環境  ?

近くには名門のGコースが。
・・・・・・・・・・・・
❗️  時代なの か?

01600

01600_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ